読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【映画の感想】ONE PIECE FILM GOLD

ワンピースの映画見にいってた。

映画は今回で3年半ぶりらしい。そんなに経ってたんか・・・

新世界以降は原作は絵がごちゃごちゃしてるだの、マンネリ化しているだのと世の中で言われてはいるものの、また自分でもそう思う部分はありつつも、なんだかんだ毎週読んでコミック集めてる人も多いんじゃないんだろうか。まだ半分ぐらいらしいけど、死ぬまでには結末を見たいもんやね。

 

さて、今回のFILM GOLDについて。

 

「STRONG WORLD」、「Z」を超える、究極のエンターテインメント大作!!

 

というのが売り文句。(公式サイトより)

「STRONG WORLD」は地元の寂れた映画館で、初公開から半年後ぐらいに見ました。すごく余談。

世界最大のエンターテインメントシティ「グラン・テゾーロ」を牛耳る、ギルド・テゾーロをぶっ飛ばすというのが大まかなストーリー。そこにナミの昔の泥棒仲間が出たり、革命軍や海軍本部が絡んだり。

 

グラン・テゾーロは海賊船でありながら全長(・・・のはず)10㎞。もはや一つの島。

原作で世界最大の船と言われてたスリラーバークとどっちがでかいんだろうか。

グラン・テゾーロにはカジノ場、ゴルフ場もあり、黄金でできたビルが立ち並ぶ。

FILM GOLD特典777巻の作者コメントによれば、今まで人類が掘り出した金を全部足しあげても15万tで、20mの立方体ぐらいの大きさらしい。

黄金でできた建物が立ち並ぶグラン・テゾーロはどんだけ重いんだろうか。で、それだけ金があると価値は現実世界ほどあるんだろうか・・・あんまり突っ込んでもしょうがないけど。

 

以下は鑑賞後の感想。

 

結論から言うと、STRONG WORLD、Zよりも満足度は高い。

100点満点でいうと70点くらい。

ワンピースの映画は毎回、麦わらメンバーの中でも空気と化しがちなクルーがいるもんだけど、今回はそれが少なかったように思うのがまずひとつ。

バトルシーンも二転三転しながら迫力があってよかったし、気になるようなゴリ押し展開もなかったように思う。

懐かしのキャラが出たり、支配に対抗して打ち克つのはアーロンパーク編や空島編、ドレスローザ編のセルフオマージュなのかな~と。そういう原作読んでる人からするとにやっとするようなところがあったのも良かった。

(テゾーロの「所有物だ」みたいな発言から、アーロンパーク編へのセルフオマージュが特に顕著だったかも)

 

惜しい点としては、キャラを詰め込みすぎて少しストーリーの部分が軽くなってしまったのかな、と。

 

今回の大ボス・テゾーロはカジノの支配者、ただの金の亡者ではなく、そこに至るまでの設定もかなり練りこまれたキャラクターだったのにそうした過去は走馬燈のように断片でしか語られず、もったいなかったように思う。

そこにナミの昔の泥棒仲間やら、革命軍やら、借金に苦しむ奴隷・子どもたちやらが絡むので、テーマみたいなのもばらついた印象がある。

 

全体にばらつかせるよりは、テゾーロのストーリーをもっと深堀りしてやるとか、

テゾーロの復讐やらこの世はすべて金みたいな価値観と対比させるようなストーリーをほかのキャラクターにもたせるとか、そういうのがあるともっとよかったんじゃないかなーと。

 

エンターテインメント性を重視させた結果だったのだろうか。

777巻のテゾーロの過去が良かっただけに、ちょっとそこは残念。よく言えば映画と特典で2度美味しいということにもなるのかもしれないけど、映画だけで完結してほしさはある。

 

そういう気になる部分はあったものの、それを補ってあまりある終盤の盛り上がりは劇場で見る価値があると思う。ちなみに今回は時間の都合で3D版を見たけど、3D版でみるうまみはまったくないです。

 

最後に、気になった細かい部分をいくつか。

 

映画の中盤、テゾーロの罠にかかり、奴隷たちが閉じ込められている地下空間に落とされるルフィとフランキー。

「たのむ・・・食糧か水をくれ・・・」と迫る奴隷たち

「そんなもん持ってねえよ」とルフィ。

特に何も言わないフランキー。あれ、フランキーって腹に燃料のコーラ入ってなかったっけ。原動力だし、あげる義理はないけど、そういう男気を見せるシーンが来るのかと思っただけに肩透かしをくらった。

 

終盤、海楼石の鎖をかけられたルフィ、しれっと自力で抜け出してたな。奴隷の子どもが外したのか・・・

 

そういうガバってる部分はありつつも、

2度目になるけどワンピース好きなら見る価値のある映画です。